micro:bit で micro:bit のプレゼンをする

先日、会社でライトニングトーク大会が開催されました。そこで micro:bit で micro:bit の紹介プレゼンをするということをしましたので、同じことをしたいという奇特な方のために構成などを説明いたします。

オライリー・ジャパン『マイクロサービスアーキテクチャ』書評

オライリー・ジャパン様から『マイクロサービスアーキテクチャ』をいただきました。出版記念イベント のお手伝いをさせていただいてる関係です。ありがとうございます。 本書はマイクロサービスにかかわる幅広い領域を扱っています。マイクロサービスの概念に始まり、アーキテクトとして検討すべき項目は何か、サービスの粒度をどのように決定するべきか、どのようにサービスをインテグレーションするのか、どのようにモノリスを分割していくのか、デプロイをどうすべきなのか、テスト戦略をどう考えればよいのか、監視やセキュリティをどうするのか、開発組織をどう構築するのか、大規模な環境での注意点は何か、などなど内容は多岐に渡ります。 それぞれの項目ついて詳しく解説しているというよりも、それがマイクロサービスというコンテキストに置いたときにどのように考えるべきなのか、ということが触れられています。個々の要素についてより深く知りたい場合は、参考文献として挙げられている書籍などにあたることになるでしょう。 マイクロサービスについて、何か特別なソリューションがあって、それを導入することで実現できるとか、具体的な実装方法が理解できるとか、そういった淡い期待を持っている方には少し期待外れになるかもしれません。 マイクロサービスはひとつのソリューションというよりも、たくさんのシステムで採用されているアーキテクチャ上のベストプラクティスに名前をつけたものです。だからこそ、現在のWebアプリケーション開発のベストプラクティスが集まっているという見方もできます。 ソフトウェアアーキテクトの方々には、お勧めできる内容となっておりますので、ぜひ皆さまご購入ください。

ActiveRecordを複数スレッド環境で利用する

ActiveRecordを何も考えずに複数スレッドが動作する環境で利用すると、スレッド毎にActiveRecordがコネクションを確保しようとするので、プールサイズを超えてコネクションが確保できないというエラーが発生する。

テストでは何をテストすべきか

ソフトウェア開発でのテストとは何かを単純に言うと、成果物が期待通りであるかを検証する作業といえる。こう動作してほしいという期待を入力に、成果物がその通りに動作するかを検証するのがテストである。

技術評論社『たのしい開発スタートアップRuby 』書評

著者より献本御礼。

この本は、コミュニティについて書かれた本である。さすがに、あの名著『Life with UNIX』と並ぶべくもないが、それでも現代日本のRuby界隈の雰囲気を書こうとした意欲がある。それだけでもこの本はユニークであるし、そこにいる著者たちのナラティブとして読む、というのも興味深いだろう。