完了条件について

システム開発をする上で、完了条件は避けて通れない。完了条件とは、いつ仕事が終わったかを定義するものである。この仕事が完成したということをステークホルダー間で合意できる基準といってもよい。

RSpecによるユニットテストの書き方

最近、新人のテストコードを見る機会があり、ユニットテストの書き方について考える機会があった。ユニットテストはテンプレートみたいなものがあるので、それさえ押さえれば、誰でも簡単に書くことができる。

ここでは、その方法について紹介したい。サンプルはRSpecで書くが、その他のユニットテストフレームワークでも、応用ができるとおもう。

パターンを知ることでアーキテクチャを俯瞰する

デブサミ10周年記念に翔泳社で「君のために選んだ1冊 ソフトウェア開発の名著100」という本を企画されているそうです。カリスマプログラマからCIOまで、業界を代表する100人に書籍を推薦してもらうという企画だそうで、光栄にもお声がけいただき、原稿を書きました。私は、「アーキテクトを目指している現場のエンジニア」に向けての推薦図書というテーマで書いています。原稿をブログに掲載してもよいということでしたので、掲載します。

JUnitのTheoryテストについて

JUnit 4.4から組み合わせを表現するためのTheoryという機能が導入されています。このTheoryという機能について、日本語での概説がなかったため、調べた範囲で紹介したいとおもいます。

QCon Tokyo 2009へ行ってきました

QCon Tokyo 2009に参加しました。日本では、なかなかなじみの薄い有料イベントということで、それほど動員があったわけではないようですが、とても刺激を受けた有意義なイベントで、個人的には技術的なポートフォリオを組み替える必要を感じたイベントです。